時代とともに変わる法律

日本は近年あらゆる形でビジネスの形が進化してきています。
もちろんその進化の形とともに不正が行われたり、消費者が不利になる環境がどんどん進んでいるのが実態です。単なる電話でも押し売り、高齢者に対する押し掛け訪問、最近では顕著なのがインターネットを活用した詐欺行為なのです。

特に最近ではインターネットで個人に対して詐欺行為や、押し売り行為、場合によってはフィッシング詐欺など様々なトラブルが発生しています。これもインターネットが手軽に個人に対してそれも顔が見えない形でビジネスが展開できるようになったからというのがメリットの裏返しになっていると言えるでしょう。

そして、このようなトラブルにどのようにして対応すべきか考えられて作られているのが特商法になります。
経産省が、いかに指定消費者が不利にならないように、詐欺を防ぐためにビジネスを展開していくかと言うことを考えて定められた法律にあります。時代によって様々な法令が変わっていっていますが、特に最近では県庁などはインターネットを活用した個人への不利なビジネスをするためのルールになっています。 

実際にどのようなことがこの法律に記されているか、これを守りながらインターネットビジネスを営む事業者は対応していることになります。逆にこのようなルールを守ってビジネスを行っている事業者とは顔が見えない、または個人での取引であっても安心して対応していけると言っても過言ではないでしょう。

ですから一般消費者にとってはそのようなルールに則ってビジネスを行っている企業を探すことが、詐欺被害を避けるための大きなポイントになってくると言っても過言ではありません。
例えばきちんと登記上の電話番号や企業の住所が記されていたり、トラブルがあった際の対応方法、電話番号が記されていたり、メールアドレスが不正でないことが記されていたり、どのようななりわいでビジネスを行っているかがホームページ上に記されているなどのルールに則ってビジネスを行っているかを見極めることができるのです。

もちろん、このようなルールに則ってビジネスを展開していても詐欺が発生することがあります。
もちろんのことながらきちんとした対応ができなければしかるべきところに訴えるべきだと思いますし、取引実績などをきちんと調べながらホームページ等で口コミをチェック等といった自己防衛を行わなければなりません。

しかしながら全てにおいて0からチェックをすることが難しいことを考えるとこのような一定のルールをクリアしている企業との取引を先行して考える事は消費者にとっても非常に大きなメリットになってくるのではないでしょうか。
インターネットビジネスが広がっていく以上このルールは非常に重要なものだといえます。そして時代とともにまだまだ変わっていくのではないでしょうか。