ネット副業に取り組む際に注意すべき特商法

消費者を悪徳な商法から守るために制定されている法律が特商法です。この特商法は、自分でネットビジネスを起業する際には、当然抵触しないビジネスモデルとする事やサイトでの誇大表示等、注意すべき事は沢山あります。
それと同時に、ネット副業を始めようとする場合にも、この特商法に抵触するような悪質なものに騙されないようにする事も重要です。

ネットビジネスで、手を変え品を変え、後を絶たない特商法に抵触するものとして、いわゆるネズミ講や仕事斡旋を誘い文句に高額の教材を売りつける商法があります。
ネズミ講は、末端の人の損失によって成り立つビジネスで、ごく一部の人が儲けては解散すると言った手法の詐欺まがいの商法です。

それとは分かりにくい謳い文句で集客するため、注意が必要です。また高額の副業を斡旋するとして、その事前研修用と言う名目で高価な教材を売りつける手法も、後を絶ちません。

ネット副業で、コツコツ稼ごうと考えている人が、こうした特商法に抵触するような悪質な誘いに騙されないようにするためのポイントとしては以下のような事が上げられます。
世の中には驚くほど稼げる仕事などは、簡単にはないと言う事を肝に銘じ、ネット検索で高額の副業として出てくるような案件には、まず疑いの目を持って、しっかりと評判等を調べる事が必須です。口コミ等で、少しでも悪評があれば、避けるのが賢明です。

次に大っきく稼ぐよりも、コツコツ稼ぐ事を優先し、安全安心なネット副業に取り組むのがお勧めです。安心安全なネット副業としては、ポイント・アンケートサイトやクラウドソーシングや趣味の写真やクラフト品を販売する専用サイトや、スキルを販売するサイト等がその代表です。

こうしたサイトの共通点としては、登録は無料であり、仕事の代金回収のリスクがないシステムが構築されており、仕事で当た報酬はサイト内にポイント等として自分の専用口座に貯められ、適時登録した自分の銀行口座等に出金できると言う仕組みをとっています。
またサイト側の収入は、仕事をした報酬の一部や、販売が成立した際の売上高の一部を、サイトが規定した手数料やシステム料として確保するビジネスモデルとなっています。
従って、仕事で収入が得られなかったり、販売系で売り上げがない場合には、手数料等が発生せず、儲からない事はあっても、絶対に損をする事はないビジネスモデルとなっているのです。

グーグル・アドセンスやアフィリエイトやユーチューブも似たビジネスモデルで、特商法に抵触するリスクはありません。
ただし、特商法に抵触するネット副業は、騙されて損失を被る危険がありますが、一方で上記の安全安心なネット副業なら稼げると言うものでもありません。

特商法に抵触する悪徳商法でなく、損失が生じる事が無くても、それは稼げる事を保証している訳ではありません。この点もしっかり認識し、自分に合ったネット副業を探して息長く取り組むj事が大切だと言えるのです。