身バレの心配がないライバー

誰でも気軽に始めることができるだけでなく、稼げる仕事として注目を集めているのが、ライブ配信ビジネスです。
パソコンなどの機材を持っていない人でも、スマホで配信用アプリをダウンロードするだけで手軽に配信をスタートすることができます。ただ、稼げるという一面に対し興味を持っていても、顔出しは抵抗がある、知り合いに活動がバレることは避けたいという人も多いでしょう。そんな場合は、アバターを使って活動をすることがおすすめです。

どんな形でライブ配信を行うかは人によって様々で、顔出しをする人もいれば、なるべく顔が映らない形で活動をする人もいます。
顔が映らないような形で配信をすることもできれば、声だけでの配信も可能です。プライバシーをしっかりと守りたいのであれば、声だけの配信が有効ですが、配信をしている人のイメージが伝わる方がファンがつきやすくなります。顔出しをせず、少しでも多くのファンを獲得したいという場合は、アバターの活用を考えてみると良いでしょう。

かわいい女の子のキャラやかっこいい男の子キャラなど、バーチャルなキャラを作って配信をする形であれば、顔を出す必要はありません。
そんなアバターを使ったライブ配信は、普段とは違う自分になってみたいという人にも最適です。キャラに人気が付けば、短時間でまとまった金額を稼げるライバーになることもできるでしょう。そのため、顔出しをしたくない人は、アバターを作ることができる配信アプリを探してみると良いでしょう。

アバターを使うなど、顔出しをしなくても稼げる方法があるライバーの仕事ですが、避けて通れないのが確定申告と税金です。
一定以上の収入を得られるようになったら、確定申告をする必要があり、その際は自分の名前などを偽ることはできません。ただ、申告をしても個人事業主として開業届けを出したとしても、ライバーとして活動していることが周りにバレる心配はまずありません。

住民税によって副業がバレる可能性はありますが、上手く誤魔化せばライバーとしての活動がバレる心配はまずないでしょう。
そのため、ライバーとして活動を始める際には、申告をどうするか個人事業主としての開業届を出した方が良いかなど、今後のことや税金のことをしっかり考えておくことが大切です。個人事業主の届出が必要になるほど稼げるのはほんの一握りと考える人もいますが、初めて数ヶ月で本業以上の収入を稼ぎ出す人は意外と多いものです。
そんなところも、ライブ配信ビジネスの魅力の一つです。